日韓TV取材合戦

どういうわけか昨日と今日の二日間、立て続けのTV取材がありました。二つの放送局がやってきたのですが、昨日のは京都府の広報で地元U局でのみオンエアーされるローカル番組。で、今日のは、これまたどういうわけか韓国のTV局(どうもケーブル局らしい・・・)からアンニョンハセヨ。ということでこの2日間はほとんど仕事にならなくて(涙)。写真は韓国TV取材風景とクルーとの記念撮影。
今回の取材は日本に始まり、インドや中国などアジア圏を周り、民族的なデザインが近代産業にいかに使われているを掘り下げる内容だとのこと。むこうでも伝統産業をどんな風に続けていくかって興味があるんでしょうか。インタビューでは、「アジアのデザイナーは、自分たちの先祖から伝わる意味深いデザインをもっと大切に、そしてもっと勉強して使っていきましょう!」みたいな事を答えておきました。さてどんな風に編集してもらうのか楽しみですね。これで韓国からのTV取材は生涯成績で2回目なのですが、以前、むこうでオンエアーされた番組を送ってもらい後日自宅でそのビデオで見るのですが、自分の発言がハングル字幕になりスーパーインポーズされていたり、むこうの人たちからするともちろん外人なので当たり前なのですが、なんだか自分が異邦人になった気分になりとっても不思議です。(UFO目撃談みたく吹き替えはされてませんでした・・・)
とにかく、お仕事をがんばって「プロフェッショナル仕事の流儀」か「情熱大陸」くらいに出られるくらい実力を付けたいものですね。