シンクロワールドカップ、ついに始まりました!(2日目)

昨日のフリーコンビネーションでは銀メダル(このメダル、なんとBaccaratに特注したティアドロップ型でっかいペンダントトップに大会シンボルマークの銀のミルククラウンのオーナメントをアレンジしたもの)を獲得する幸先いいスタートでしたし、今日のソロ演技の結果も期待するぞ!

このソロはテクニカル、フリー共に私がデザインを担当しましたので、朝から選手と同じくらいナーバスになってます。ん〜、どこにも逃げ場のない現場は怖いです。競技が始まってしまえば自分のコンセントレーションも最高レベルに上げて、座席の上から競技に参加しましょう。もうそれしかできませんから。頑張れ鈴木!!頑張れ俺!

pocha.jpg


会場アナウンスで鈴木選手がコールされ、プールサイドに彼女の姿が見えると、向こう正面席に陣取った日本代表チームのみんなからの力一杯の声援に始まり、そして会場全体が割れんばかりの大歓声と拍手に包まれます。背筋をピンを伸ばし、これでもか!といわんばかりに胸を張り腕を振った鈴木選手の姿は、ソリストとして力強くりりしくもありました。また、反面、頑張れば頑張るほど健気さを感じさせるところが大和撫子なんだよなと、感動してしまいました。(私がオヤジ年齢になったせい?)

世界で勝つためには、肉食人種のように純粋に攻撃的でなければならないのかもしれません。でも、この日本人の純な健気さは失ってほしく無い気がします。
夕方からのフリールーティンを終え、最終結果は3位の銅メダル獲得!
おめでとう鈴木選手!

そういえば通路でバッタリ、元日本代表ヘッドコーチの井村雅代さんと、先代の日本のエースである立花美哉さんにお会いし、アテネ五輪で衣装制作を担当させてただいて以来、久しぶりにご挨拶させていただきました。井村さんからは労いのお言葉もいただき大感動です。
会場から帰りがけには再び立花さんとお会いし、「お疲れさまでした!」と一声掛けていただいて、私もやっとスイッチOFFにすることができました。
ありがとうございました、立花さん。
とりあえず京都に帰ります。