2006年11月

御礼申し上げます。

おかげさまをもちまして、プラッツ近鉄(近鉄百貨店京都店)さんで1週間行わせていただいた「京都ブランドフェア」も大好評の内に本日終了いたしました。このフェアで期間限定販売させていただいた丸物コラボTシャツも大人気で、最終日を待たずして完売いたしました。本当にありがとうございました!

一週間限定ショップ開店!11月2日(木)START

明日から1週間(11月2日木〜8日水)近鉄百貨店京都店プラッツにて、デザイナーズショップをオープンします。
1柄1個しか作らない本物の手描友禅ショルダバッグをはじめ、旧丸物百貨店(京都に古い方なら必ずご存じ)とのコラボTシャツ(限定10着)も販売します。連休中など京都駅付近にお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
DSCF0001.jpg

追記
私が子供の頃、昭和40年代に現在の近鉄百貨店京都店は「丸物百貨店」という別の百貨店でした。”丸”の中に「物」の1文字がデザインされたシンボルマークは、40歳以上の京都人の記憶には必ず残っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/近鉄百貨店
1920年に創業した丸物百貨店は、他の百貨店と同じく、呉服店がその前身です。そういえば高島屋も大丸(マークと店名の読みが同じなのも当時の流儀)も同じなのでマークも紋みたいにクラシックなデザインですね。

丸物コラボTシャツについて・・・
来年2月に近鉄百貨店京都店が閉店し、この建物で86年続いてきたデパートの歴史にピリオドが打たれます。あと三ヶ月で丸物の歴史が本当に終わります。今回、戦前から京都駅前で親しまれてきた丸物百貨店にトリビュートする意味で、近鉄百貨店さんから、この丸物とのコラボ製品の開発を依頼されました。それがこのこらぼTシャツ。メインモティーフは丸+物マークの両側にツルをアレンジ。資料室に保存されていた創業時の包装用シールから"Marubutsu"という筆記体英文字を復刻し上記のメインモティーフと組み合わせ、当時モノのハイカラさを表現。それに波の友禅模様を組み合わせ、当時の法被の染め抜き紋風デザインを製作しました。
シルクスクリーンを使ったプリント技法もこだわってみました。すこしだけ薄い目に調合したインクをわざと生地にしみ込ませ、何度も刷り重ねることであえてムラを表現するなど、一枚一枚手作りで古い藍染め風に仕上げています。