友禅の教室

昨日は前日の日記通り、鳥取県教育センターさんにおいて、鳥取や島根の公立中高の美術の先生を対象に、僕の講義と父の講義と手描友禅染の教室を行いました。教育センターさんの建物は学校そのもの。僕が通ってた中学校や高校を思い出す懐かしい風景。

午前の講義は数多くある研修教室のひとつで行います。資料用のスライドもご用意いただいたプラズマディスプレーのおかげでキレイに表現でき大満足。いつもはプロジェクター&スクリーンですが、高価なプラズマは初めての経験。そしてもう一つの経験、それは生声で教室の後ろまで聞こえる声を出すこと。子供の頃から当たり前に聞いてきた先生の声ですが、これってかなり大声張り上げてくれていたんですね。いつもはマイクに頼りっぱなしですが、大声出すのもキモチがハイになって良いかもしれません。

僕に続いて、父からは友禅についての講義。現物の作品を使って友禅の制作にまつわるお話をさせていただきました。実物の友禅作品を実際に触れていただき、感じていただけたことと思います。


<大撮影大会の図>

そして午後からはこの日のメインイベントである手描友禅染袱紗を染める研修。この研修では、京都観光などで行われる偽物染体験ではなく、子供達にホンモノを伝えてもらうため、先生方には僕の父が工房で開いている友禅塾とほとんど同じ本格的な手描友禅染めを習っていただきました。


<色鉛筆を使って配色のシミュレーションを行います>

30分かけて各々色の設計が出来たところで、テーブル毎に直接父が染め方のデモンストレーションを行います。

<先生方に注目され父もすこし緊張気味で筆をはしらせます>

そして一通り筆使い等を見習ってもらったところでいよいよ染料を使った染め付けがスタート。

さすがは美術の先生方、筆の使い方はさすが!色の設計も美的センスもばっちりです。しかも、妥協無く作品作りに打ち込まれる姿勢には、京都から来た我々もただただ頭がさがります。それから2時間ばかりじっくりと時間をかけ腐心の傑作が完成!それぞれ個性豊かな作品が出来上がりました。

一旦回収した作品は染色の後加工を行い、縫製をほどこし2週間後くらいにはお手元にお届けとなります。この作品を使って、「これ先生が染めたホンモノの手描友禅だぞ!」と生徒達に自慢してください。

そんなこんなで朝からの友禅スペシャルデーも無事終了。鳥取県教育センターの皆様、研修に参加くださった先生方、また、今回ご担当下さいました廣坂さん、この研修を企画下さいました佐藤さん(秋の作品展頑張ってください!)、ありがとうございました。

京都に戻ってから、僕はその足で別件ミーティングに参加。我ながらタフな1日でした。