講演+いろんな人とお会いする

昨日はなんだか密度の濃い一日でした。お昼過ぎからいつもお世話になっている元D社のOさんがお見えになり、工房見学の打ち合わせ。しばしキモノ復活談義に花が咲く。その後夕方らから僕の日記に何度も登場する同志社ビジネススクール伝統産業グローバル革新塾にて90分の講演を受け持たせていただく。

本来はこの日の講演のための講師として招聘されているのですが、学校側のご好意で他の講師の方々の講義も聴講させていただいています。(その講義風景は過去の日記にあり)いよいよ今回が本番なのですこしながら緊張・・・。


(↑影絵を実演しているのではありませんぞ)

タイトルは「文化+テクノロジー 友禅とCG友禅」。手描友禅を作るというノウハウやデザインコンテンツを現代の技術を使い、現代の価値に翻訳するという考え方や、和装業界以外へのアプローチなど、実体験に基づく経験談を交えお話させていただきました。次回、機会があれば、今僕が挑戦している海外の出展で得たノウハウ「ハズレない海外見本市出展方(まだ未完成ですが・・・)」や、「必ず記事になるフリーパブの法則」などもお話できればなんて考えています。

革新塾では一日2人の講師が講演するのですが、昨夜2人目の講師は、京都に本拠地を置かれるFVC社の川分社長。伝統工芸界からのIPOの可能性などをお話しいただきました。家業のため、いまいち腹を括りきれていない僕たち伝統産業系企業の担い手にとっていろんな意味で刺激になったと思います。

塾が終わり、その足で塾長先生ともう一つの集まりへ移動。
市内某所で行われたミーティングでは、今の京都の料理界をリードされてるエネルギッシュな一流(経営者)料理人の方々何人もとお会いし、また笑顔でお話ししていただき深夜だというのにテンションが上がりっぱなし。
この濃密な一日、帰宅後もしばらくは寝付くことが出来なかったのは言うまでもありません。揚げたて天ぷらとイタリアンワインも旨かった!