2008年3月

テレビ出ました。

殆どの締め切りや、得意先の集金日がイレギュラーで今日だったりでしたので、朝から気分は月末、、、でメールやら挨拶やらで、
へんてこりんな日付け感覚をまき散らしてしまいました。
今月はまだ2日もあるのに〜。

さて、前の日記にかいておりましたテレビに出ました・・・!
が、まだ僕自身は観てません。
どないでした?
うまくお話しできていたでしょうか。ちょっと不安です。

今回の番組司会は元よみうりテレビアナウンサーの羽川英樹さん。
なぜかワイドショー好きだった子供の頃、
「2時のワイドショー」でよく拝見していた方なので、
(心霊写真特集とか、神田川料理道場とかなつかしいなぁ)
初対面でも、そうとは思えない親近感があります。

スタジオでのご挨拶でも「巳」でしょう?といきなり聞かれ
どうやら羽川さんと僕はひとまわり年齢が違うとのこと。
フランクです、羽川さん。

しかし、プロの司会者はすごいです。
アドリブやらなんやらで、てきぱき台本を進めていかれるのには
関心至極でございました。

僕の答えをある程度よんだ上でコメントを振り、
その予想通りのコメントを利用し、
その後、伝えたいことにつなげていくテクニック。
スゴイです。

まあ、緊張しながらもあっという間の一時間でしたが、
アシスタントの女性が今日で番組を卒業され東京へ出て行かれるという
感動的なシーンに立ち会うことも出来たし、
なんといいますか、感無量。

放送を観てくださったみなさん、
番組スタッフのMさん、Tさん、ありがとうございました。
アシスタントの映見内咲さん、東京へいってもがんばってね。
お互いがんばりましょー!

DSCF2116.jpg

スタジオで記念撮影。アシスタントの映見内さんはもう泣いてぼろぼろでしたが、またそれがめちゃかわいかったです。女性の涙にはよわいなぁ。

DSCF2118.jpg


放送中によばれたお弁当。チキンカツを一口だけ食べてあとはお持ち帰り。おおばをしそと言ってしまった・・・ああ恥ずかしや。

テレビ出ます。

「京都ちゃちゃちゃ」というローカル放送というか全国放送というか、
そういう番組に出ることになりました。
http://kyoto-channel.com/program/live.html

放送日は28日(金)。
京都にお住まいの方はKBS京都(正午〜13時)にてご覧頂けます。
その他の地域の方は、スカパー!の京都チャンネルにて。

生放送中の1時間はスタジオにおりますので、
折々にうつると思います。

正午からの番組ですので、
お弁当をいただくシーンがあるようです。
さきほど制作会社から送られていた台本によりますと、
チキンカツを一口たべて「○×△」とかコメントするらしいのです。
なんて言いましょうか・・・。

その後、僕の活動そのほかを改まってお話する時間があり、
そこでは流れ的に最新情報ということで
JAXAさんとのコラボ話なども話させていただくと思います。
例の着物やバッグもスタジオに持ち込みます。

お時間許しましたらご覧下さい。

だいちのバッグ

ryuhyo2.jpg


出来ました、だいちのバッグ。
先のJAXAシンポジウムで発表したメッセンジャーバッグをここでご紹介。
例のキモノと同じアラスカのシューアード半島に流れ着く流氷の
衛星画像をプリントしバッグに仕立ててました。

ryuhyo.jpg


文字通り、けっこうクールなデザインになりした。
この試作品でブランドはJAXAとウチのダブルネームと仮にしていますが、
オリジナルのブランドを作った方がスマートかもしれませんね。
細部のブラッシュアップをもう少し進めることとします。

「JAXA COSMODE PROJECT」始動!

DSCF2023.jpg

いよいよこの日が来てしまいましたJAXAのシンポジウム。
初めてお話があったのが昨年の12月。
そこから約4ヶ月後のお披露目です。
本当にカタチになるのか不安で一杯でしたが、
どうにか良い発表ができそうです。

さて今回もギリギリの当日未明に出来上がった試作品を
大阪の会場へ搬入します。
事前に発送することも出来ず、ハンドキャリーすることにします。
前夜の段取りではJRにて文字通りハンドキャリー予定でしたが、
手に持ちきれないと判断、急遽車にて会場入りすることに。

今回発表する製品は、
・陸域観測衛星ALOS[だいち]撮影データを使ったキモノ
・同、ショルダーバッグ(メッセンジャーバッグ)
・同、カンファレンスバッグ(ペーパーバッグ)
・同、風呂敷
・同、壁掛け時計

案の定、豊中から阪神高速入り口渋滞に捕まり
大阪国際会議場にたどり着いたのはお昼前になってしまいました。
なんだかんだと準備やリハーサルも済ませ、
いよいよ開演の午後3時です。

sinpo02.jpg

ここから現場レポート(長文注意)

このシンポジウム「くらしのなかの宇宙ブランド」では、
これまでJAXAが開発した宇宙やロケットの技術を
衣食住にまつわる製品をつくる民間企業が、
自社製品やサービスに宇宙技術を応用する事例と
(スピンオフっていうらしい)、
逆に民間企業が宇宙へ向けて開発した製品(スピンイン)事例を、
それらの当事者企業数社の担当者が順番に登壇し
代わる代わるプレゼンテーションを行います。

例えば、ロケット先端部分に塗る特殊な断熱塗料を応用した、
塗るだけで空調費が節約できる建築用断熱性塗料の紹介や、
今国際宇宙ステーションで地球の周りを回っている
土井宇宙飛行士が身につけている縫い目がないポロシャツ、
宇宙ステーション専用の地下足袋型シューズ、
また西川産業さんの宇宙ステーション用寝袋、
松下電工さんのLED照明器具、、、
などなど・・・。
実際に宇宙にいっているすんごい技術の大オンパレード。

その発表会の2番手に登場したのが私たち同志社革新塾チームです。
理系ものばかりの中に、かなり毛色違いの文化系(しかも美術系)として、
弊社川邊とプーゼフルールの渡邉社長が登壇します。


製品説明を行う僕。スクリーンにはライブカメラで手元のクローズアップが映し出されます。

まずは僕から。
司会者との掛け合いで製品の特徴や狙いなどを説明していきます。
今回はスタンドアローンのプレゼンじゃないのでかなりリラックス状態です。
苦労したポイントや製品のコンセプトなど、
昨日の日記の内容ほとんどそのままを
会場の皆さんにお伝えさせていただきました。

僕に続いて渡邉社長からのプレゼン。
プーゼさんでは、フラワーアレンジの作家でもあり奥様でもある
浦沢美奈さんが自ら撮影されたお花の写真と、
衛星写真を組み合わせ12枚綴りのポストカードとして製品化。
そのコンセプトをご披露されました。

今回は僕も渡邉さんも同じ衛星画像アーカイブを使いましたが、
僕が選択しなかった画像も的確に選ばれていて、これには脱帽。
美容室と花屋を京都市内に何店舗も展開されている実績をおもちの
渡邉社長の女性目線を逃さないフィルターはさすがです。

二人の文化チームのプレゼンの後、
特別イベントの「メガスター」プラネタリウム公演!
これも楽しみにしていたイベントの一つです。

さて、会場が暗〜くなって、始まりました!
星空がドームに映し出され、わあキレイ、、、
、、、その後記憶がございません。。。

さて、プラネタ〜コーヒー休憩を挟み、
貫徹明けの頭がすっきりしたところで
第二部ではいよいよ革新塾塾長の村山教授の講演です。

ハイテクイメージの宇宙を意外な角度から切る視点、たとえば、
陰陽師でもあり天文博士の安倍晴明を祭った
晴明神社(西陣にあります)を引き合いにだされたエピソードは
とくにハイテクに縁遠い女性聴講者の関心を引きつけていました。
ご自身の銘々時にいただかれた晴明さんの鑑定書のホンモノも
実際に提示されたり、
ソフトイメージであたらしい宇宙ブランドの提案をいただきました。

その後いくつもの講演が行われ、
最後はJAXA立川理事長からJAXA宇宙ブランドの発表。
「JAXA COSMODE PROJECT」と呼ぶそうですが、
今回の私たちの製品にもロゴを付けられるそうです。

会場には300名をこえるお客さんがこられ、
前日新聞発表されたキモノも大注目を集めることができました。
とにかく4ヶ月前からはじまった妄想プロジェクトも
なんとか一段落、これからプロフィットしてくため
ブラッシュアップフェーズに突入です。

もっとも問い合わせが多かったショルダーバッグは、
ブラッシュアップし4月中旬には弊社のWEBショップで販売できるよう
段取りを進めます。
http://yuzenstyle.com/
時計は4月上旬に、風呂敷も数量限定ですが同じくらいの時期に
販売できるよう努力いたします。
お楽しみに!
お問い合せはこちら

最後になりましたが、
会場にお越し下さった皆さま、ありがとうございました。
また、製品化にあたりコンテンツ提供や
様々なサポートにご尽力下さったJAXAの皆さま、
また、(有)←(有志の意味)りもせんかんぱにーの妄想系皆さま、
深夜メールでお互い励まし合った渡邉社長、
さらには、この道に引きずりこんでくださった村山塾長先生、
本当に感謝しております。
ありがとうございました。
そしてこれからもよろしくお願いいたします。

sin.jpg
左からプーゼフルールの渡邉さん、同志社BS村山教授、僕(ネクタイ曲がってる)


後日補足
宇宙航空研究開発機構(JAXA)産学官連携部
JAXA産学官連携シンポジウム2008「くらしのなかの宇宙ブランド」開催報告サイト
http://aerospacebiz.jaxa.jp/topics/2008/topics20080407_j.html

流氷のキモノ

明日21日に開催される
宇宙航空研究開発機構(JAXA)シンポジウムで
発表する「流氷のキモノ」が
本日20日付け読売新聞(関西版)の1面に掲載されました。
僕もなんだか変なポーズで添え物として写ってます。。。

このキモノ、なんとか衣桁がけできるまでに仕上がったのは取材が入る30分前。
あいかわらず時間的にスリリングな僕の仕事ぶりです

さて、このキモノですが、明日のJAXAシンポジウムの為、
ちょっとしたメッセージを込め試作した展示用スペシャルキモノなのです。

このキモノのコンセプトをちょっとだけご紹介・・・

江戸時代から続く友禅紋様には私たちの身の回りにあるお花や木、蝶々や鳥などの植物や生き物、また川や海、雲など自然現象をデザインに取り込んだものが多くあります。

つまり友禅紋様とは、自然と共生し自然を大切にする日本人が元来持つエコロジーなライフスタイルを象徴していると僕は考えています。
これを現代的に解釈したのが今回のキモノ。
伝統とか保守とかとは真逆の科学の翼と目でとらえたありのままの地球の姿をキモノに映すことで、分かりやすく自然環境と共生する=日本文化=伝統紋様という友禅紋様の意味を伝えることがひとつ。
また「人工衛星とキモノ!?」と見る人にちょっとした驚きと興味を持っていただくことで、僕たち日本人が古くから持つエコ感覚を現代の全地球に広げてみたいというのが二つめの狙いなのです。

デザイン的には、
北極圏から流れ出した墨色の流氷と雪に覆われたアラスカの地表の観測画像を、文字通り雪を表す伝統紋様の雪輪形の取り方としてトリミングし、伝統的なデザインとして取り込みました。見ようによっては地球にも、三日月にも見えるよう工夫をこらしました。
また裏地には紺碧色のグレートバリアリーフの珊瑚礁の観測画像を合わせることで、流氷の減少と南洋での海面上昇などの温暖化現象に対して意識をもってもらえるようキモノの表裏一体で表現しメッセージとしています。
(現状では、裏地が間に合っていない状態です・・・)

さてこのキモノの市販の可能性ですが・・・
評判がよければ作りたいと考えています。
実際に着用できる生産版では、この試作版のような絵羽(パネル)ではなく、
送り柄(リピート)の浴衣仕様にしてみたいですね。
今年の夏は、流氷柄の涼しい浴衣で祇園祭を楽しむのもいいかも。

さて、このJAXAさんとの取り組みは楽しくてしかたありません。
男のロマンでもある宇宙の仕事は子供の頃からの憧れですから。
実はこのキモノ始まりで、もっともっと素敵な企てを考えています。
この企ては実現できるかどうか分かりませんが、
実現できた暁にはまた日記で報告いたします。

長文最後までおつき合いくださいましてありがとうございました。

(東京本社版には21日朝刊に掲載されるかもしれません・・・
確実ではないですが)

JAXAコラボ

8.jpg


今回、東京以外では初めて大阪での開催となるJAXAの一般向けシンポジウムです(とJAXAの方からうかがいました)。近畿圏にお住まいの方には良い機会だと思います。募集期間も少ないですがJAXAグッズももらえるとのことですので、是非ご参加されてはいかがでしょうか。

僕、祐之亮も人工衛星「だいち」が撮った美しい地球画像を元にキモノやら、ショルダーバッグを制作し、このシンポジウムで発表します。


以下、開催要項

●概要

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙開発による成果活用の促進や宇宙利用の拡大への貢献を目指し、産業界等と連携・協力してきました。 これまでに、宇宙とビジネスとの連携により様々な商品やサービスが生み出されてきましたが、宇宙との関わりがもたらす魅力と付加価値を消費者サイドと企業サイドの双方の視点から明らかにし宇宙発の「ブランド」として提案するため、このたび「くらしのなかの宇宙ブランド」をテーマに、産学官連携シンポジウムを開催いたします。
 
日時    平成20年3月21日(金) 15:00〜20:00
会場    大阪国際会議場(グランキューブ大阪)12階 特別会議場 ※お申込みは事前登録制となります
(3月19日(水)17時まで)
定員(300名)になり次第締め切らせていただきます。

● 宇宙航空研究開発機構(JAXA)産学官連携部  宇宙航空研究開発機構 産学官連携部は、宇宙・航空分野をこえて、様々な産業分野や 地域の企業、大学、投資家の方々とともに、既成概念にとらわれない新しい宇宙ビジネスの創出・拡大にチャレンジしています。 http://aerospacebiz.jaxa.jp/

製品展と終了式

kanbai01.jpg

昨日、みなさまのおかげをもちまして同志社ビジネススクール・伝統産業グローバル革新塾の塾生製品展を開催することができました。開催日程も1日のみの午前11時〜午後5時までと短い時間でしたが、おかげさまで600人を越えるお客様に来ていただくことが出来、予想以上の大盛況となりました。

kanbai02.jpg


塾生の皆さんが塾にて勉強した成果の「製品」を国内で初めて発表するこの「製品展」は、いわば革新塾の第一期生の卒業制作。和気藹々の雰囲気の中、今期塾最後のとりくみは塾生皆さんの良い思い出にもなったことと思います。

hana.jpg

そして夜からは西陣某所にある町家サロンにて終了式と打ち上げ。
去年の3月、皆さんに初めてお会いした面接試験からちょうど一年、塾生の皆さん全員に終了証書が授与されました(涙)

伝統産業グローバル革新塾の「革新」はもちろんイノベーションの意味ですが、講師で参加させていただいた僕にとって、そして塾に参加された塾生の皆さんにとっても、伝統産業を自らの事業の「核心」に据えることの「確信」に繋がった一年だったのではないかと思います。

平成20年3月8日、記念すべき第一期は終了しました。
しかしこれが新たな始まりでもあります。
塾長先生から始まった人の輪が、どんどん大きく広がっていく予感。
これからが楽しみです。

皆さん、ありがとうございました。
そしてこれからもよろしくお願いします。


同志社ビジネススクール・伝統産業グローバル革新塾
http://bs.doshisha.ac.jp/kakushin/

革新塾では第二期生を募集しています。
<募集要項>
http://bs.doshisha.ac.jp/modules/news1/article.php?storyid=48

革新塾 塾生製品展始まる。

ついに同志社ビジネススクール伝統産業グローバル革新塾の第一期が終了します。その有終の美を飾る「塾生製品展」が本日、同志社観梅館で行われます。
一年かけて作り上げた塾生の力作をどうぞご覧下さい。もちろん入場は無料です。一部製品も即売あり!夕方5時で終了ですので、早い者勝ち!かも。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008030700041&genre=B1&area=K1B

一応、私も出展させていただきますので終日会場におります。