2008年8月

だいちの部屋


JAXA関連でもう一つ。
8月26日付 毎日新聞夕刊(関西版)に、川邊がプロデュースしたエステティックサロン様の一部屋が「室内宇宙遊泳!?」というタイトルの記事になりました。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の人工衛星ALOS(だいち)が地上700kmの宇宙空間から撮影した、中国の天山山脈を天井一面にあしらい、地球のエネルギーを身体一杯で感じられる部屋に仕立てました。

このサロンでは五行五色を取り入れ施術室のテーマにして店舗を開発。
そのうち「土」をテーマにしたのがこの部屋なのです。
不思議なことなのですが、この部屋に入るとなぜかよく汗をかくのです。
キモチが身体に作用するプラシーボ効果ってどうやら本当のようです。

<このサロン様での川邊の仕事(JAXA関連ではなく友禅関連のデザインです)>
http://www.jss-kyoto.jp/home/entrance.html
http://www.jss-kyoto.jp/home/tapestry.html
http://www.jss-kyoto.jp/home/byoubu.html

だいちの浴衣

ニッポンの人工衛星「だいち」から撮影したアラスカの流氷と、イギリスの人工衛星が撮影したグリーンランドの画像をつかった伝統と先端技術の融合の浴衣が出来上がりました。3月に発表した「だいちのきもの」(JAXA WEBページ)の浴衣版で、たった6枚の限定品です。すでにそれぞれオーナーの手元にお届けいたしましたのでこの夏全国各所でデビューすることでしょう。

アカデミーヒルズ六本木ライブラリーにて


〜お知らせ〜

2008年8月4日〜9月3日(予定)まで、
アカデミーヒルズ六本木ライブラリー(六本木ヒルズ森タワー内)
エントランスショーケースにて、
「陸域技術観測衛星“だいち”がみた地球 ?700?彼方からの画像?」
が行われ、川邊がデザインした「だいちの時計」と「だいちの風呂敷」他が展示されています。

お近くの方は是非おいで下さい。