だいちの感謝状

昨日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)さんのレセプションにて参加してまいりました。

ここで陸域観測技術衛星ALOS(だいち)の製造や、
打ち上げ、または運用に貢献した企業に対し、
立川理事長から感謝状が渡されるというセレモニーが催されました。

一社毎企業名が読み上げられ理事長より直々に感謝状が手渡しされます。
衛星の製造に関しては、三菱さん、NIKONさん、NECさん、・・・・
さすが東証1部上場超メジャー企業ばかり。。。。
その他、衛星データの利用に関しては、
東海大学さん、慶応大学さん、、、こちらも有名どころ

が、そこにななんと!
唯一”有限会社”である弊社が名を連ねさせていただけるという
過分なる名誉にあずかりました。

http://www.sapc.jaxa.jp/use/case-study/art/yuuzen.html
(同志社伝統産業グローバル革新塾でのこの取り組みを評価いただきました。)

この取り組みでは宇宙を伝統産業に盛り込むことを目標にしていましたが、
実はすでに第二の取り組みがキックオフしています。

この第二フェーズでは、この逆を行う予定。
ってことは、伝統工芸を宇宙に!?

これからの祐之亮の活動、ご注目くだい。