「宇宙とつながる京都2009」

本日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から、川邊も参加している
”きぼう利用フォーラム京都講演会「宇宙とつながる京都2009」”について
プレスリリースが行われました。

JAXAプレスリリースTOPページ
http://www.jaxa.jp/press/2009/02/index_j.html

きぼう利用フォーラム京都講演会「宇宙とつながる京都2009」
http://www.jaxa.jp/press/2009/02/20090209_kiboforum_j.html


今、本来の意味合いや目的が忘れ去られようとしている京都に伝わるモノやコトを極限まで無駄をそぎ落とした居住空間である国際宇宙ステーション(ISS)に運び、その本質を確かめようとする試みが「宇宙とつながる京都研究会」です。

この研究会は同志社大学ビジネススクールの伝統産業グローバル革新塾と、宇宙航空研究開発機構が中心となり行われる、まさに世界ではじめて、文化を宇宙に持ってあがる(かもしれない)壮大なる研究プロジェクトなのです。

経済学×伝統産業×最先端宇宙産業=?
どんなものがこれから飛び出すのか、だれもわかりせん。
このフォーラムではその一端がかいま見られるかもしれませんね。

もちろん川邊もこれまでの成果を壇上でお話させていただく予定。
(昨年まで取り組んだ陸域観測衛星ALOS「だいち」関連とISS関連の話)

展示物として、めったに見られない
ほんものの宇宙服などもやってきます!
平日ですがご都合の付く方は是非、会場に起こください。

事前申し込みはこちらから・・・(当日はJAXAノベルティーがもらえます)
https://ssl.tksc.jaxa.jp/kiboforum/event/index.php?event_name=2

○開催概要
日時: 平成21年3月12日(木) 13:30開演
場所: 同志社大学/寒梅館ハーディーホール (京都市上京区今出川通り烏丸東入)
入場料: 無料(交流会は2,000円 当日払い)
定員: 講演会:先着300名
交流会: 先着50名

当日のプログラムはこちら
http://www.jaxa.jp/press/2009/02/20090209_kiboforum_program.pdf