御礼

「京都の赤展・東京」にお越し下さった皆様、

本当にありがとうございました。

会期中、レセプションの初日から雨、そして最終の日曜、月曜も雨という、

足下のお悪い中、250人を超える方々が京都の赤をご覧頂きました。

染め物の赤、織物の赤、焼き物の赤、版画の赤、、、、

京都にはこれほどまでに多種多彩な赤があったのか!と感激いただいた方も多数。

我々も感激しております。


近い将来、さらに発展した「京都の赤」をご覧いただくため、

新たに作品作りは頭の中で始まっています。


それらを形作る作業など、このブログで行って参ります。

乞うご期待下さい。


最後になりましたが、「京都の赤展」開催にご協力いただきました皆様、

本当にありがとうございます。